軽井沢は東京や埼玉からの日帰り旅行先としておすすめ

軽井沢(町)とはどんなところ

軽井沢町は長野県の東端に位置する自治体で、一般的にはリゾート地として有名です。江戸時代に江戸から長野を経由して京都へと続く中山道が開通して宿場(軽井沢宿)が設けられた事が今日の繁栄につながっています。その後、鉄道会社の積極的な開発などによって夏の避暑地・富裕層の別荘地として栄えるようになり、1997年に新幹線の停車駅となってからはさらに人気が高まりました。

埼玉や東京からの所要時間とは?

新幹線の停車駅となった事により、例えば埼玉県の熊谷駅から軽井沢駅までは約35分、大宮駅からなら熊谷駅に停車しない号に乗ると約40分で着くようになりました。東京駅からでも最短約65分で着くようになり、簡単に日帰り旅行が出来るようになっています。さらに、埼玉からなら所要時間が短いため、プレミアムフライデー(毎月の最終金曜日)に会社を退社してから帰宅せずに半日旅行を楽しむのも良いでしょう。

軽井沢の魅力やおすすめスポット

軽井沢は猛暑で有名な熊谷や高崎からかなり近い場所に位置していますが、標高が1000m以上あるため気候がまったく違います。夏に熊谷市民が暑さに苦しんでいる中でも軽井沢は猛暑と無関係ですので、特に熊谷市民にとっての身近な避暑地としておすすめです。北口・南口両方とも観光客向けの商業施設がたくさん出店しており、まとまった買い物ができます。さらに北口には様々な体験ができる施設が多いのも特徴です。南口そばには11月から人工雪で営業をスタートするスキー場があり、スキーやスノーボードも楽しめます。

フラマイレーツがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です