浅草寺境内を巡って江戸の洒落と息吹に触れる旅に出よう

江戸っ子の洒落が生きている久米平内堂

浅草寺の宝蔵門の南東に久米平内堂と呼ばれる堂があります。現在は縁結びの霊験があるとされ、人気のスポットになっていますが元々は縁結びとは全く関係が無かったのです。江戸時代に辻斬りをしていた久米平内と言う浪人が自らの罪を悔いて殺めた人の供養の為にと座禅に励み、自分に似せた座禅の石像を罪の償いの為に当時から人通りの多かった浅草寺仁王門の下に埋めました。多くの人に踏んでもらって滅罪にしようとしたと言われ、この石像を祀ったのがこの堂です。何故縁結びと繋がったのかと言えば「踏みつける。」事が「文付け。」に通じると洒落た事によって多くの庶民の共感を得たからだとされています。

仕官の神に転じた被官稲荷神社

浅草神社の裏手に被官稲荷神社がありますが、ここは新門辰五郎が伏見から勧請して建てたとされています。この稲荷神社が何時の頃からか仕官に霊験があると言われるようになりました。これは江戸っ子と呼ばれる人たちが「ひ」と「し」の区別が曖昧であった所から「被官」が「仕官」に転じたのが原因と言われています。

江戸っ子達の洒落た心意気

浅草寺は江戸最古の寺とされ、庶民は浅草観音に気軽に詣でていたと伝わります。ここには日々の生活の為の金運はもちろんの事、歯痛や防火など多岐に渡る神々が祀られています。明治維新の頃まで浅草神社裏にあった「人丸社」は万葉歌人の柿本人麻呂が祭神でしたが「人丸」が「火止まる」と語呂合わせをして火防の神とされていました。江戸時代に個別の霊験に特化して生み出された神々は浅草寺の広い境内の中に点在しています。

フラマイレーツがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です