東京から河口湖へ旅行に行く際は大月駅で乗り換えずに向かう事も可能

一部のJR特急は富士急行線に乗り入れている

東京方面から山梨県の河口湖へ遊びに行く場合は、かつては大月駅でJR特急線or在来線からいったん降りて富士急行線に乗り換える必要がありました。しかし、2013年に富士山が世界遺産に登録されてからは富士山や河口湖の人気が爆発しており、新宿駅から大月駅を経由して富士山駅・河口湖駅まで直通の特急が増加中です。また、外国人観光客の増加に伴い、成田空港発のJR特急の中にも富士急行線に乗り入れる号が出始めており、少しずつ大月駅で下車する必要性がなくなってきています。具体的には新宿駅を出発する特急は大月駅を経由して富士山駅・河口湖駅まで2時間強で到着しますので、日帰り旅行も十分可能です。

2019年春からは平日でも河口湖駅まで直通に

2019年3月には、新宿駅発−河口湖駅着のJR特急がさらに増える事になりました。具体的には、今まで週末しか富士急行線に乗り入れる特急は存在しなかったものの、需要の高さを受けて、新宿駅−河口湖駅を往復する特急が毎日2往復します。混み合っている週末の河口湖が嫌なら有給休暇をとり、空いている平日の河口湖に行けるようになったという意味でこれは大きな事です。

河口湖の魅力とはどんなところ?

河口湖は富士急行線・河口湖駅のすぐそばに位置しており、駅から歩いてアクセスする事が出来ます。また、湖周囲の観光・行楽地が多く、様々な事をして1日中楽しめるのも魅力です。さらに北側の大石公園などからは裾野も含めて左右対称の美しい富士山がよく見えます。温泉旅館も湖周辺に多数あり、温泉まで楽しめます。

フラマイレーツがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です